スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

鎖国令

音吉たち3人はハワイ経由でロンドンに渡り、日本人として初めてロンドンを見物、
その後、マカオに送られた。マカオにはやはり漂流して救助された日本人4人と会った。

 1837年、7人に帰国の機会が訪れる。アメリカの貿易会社が日本との貿易を実現させたいと
モリスン号で日本に向かうことになったのだ。しかし、船が浦賀沖に入ると、大砲の砲撃を受けた。

 日本は当時、異国船打ち払い令があり、他国の船はたとえ、非武装であっても砲撃を受けた。
また、鎖国令は、キリシタン取締り、海外貿易の禁止、異国渡航の禁止の条項があり、異国に居住して
帰国すると死罪という処罰を受けることになっていた。

 音吉たち7人は異国で生きることを決意する。その後音吉はイギリスの貿易会社に勤め、マカオ、
上海などに勤務した。
 1854年、意外なめぐりあわせで、音吉はイギリスと日本の条約を結ぶ通訳を務めることとなった。
その功績が認められ、音吉はイギリスの市民権を得て、明治維新の前年、シンガポールで49歳で亡くなった。

スポンサーサイト
2011-06-30(Thu)
 

コメントの投稿


プロフィール

なかごめ

Author:なかごめ
青梅不動産怪鳥(会長)の中込です。趣味はぷらむニュースの編集、発行。ぷらむニュースは地域のタウン誌で西多摩各所で無料配布しています。

最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。